FC2ブログ

当サイトはカタハネRococo Worksを絶賛応援中です。


↑site top

S M T W T F S
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
<< 2018/12 >>

--.--.--(--)


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサーサイト | スポンサー広告 |



2008.08.22(Fri)



「大丈夫だから」



四苦八苦しながら描いた初めてのフェイはや。の、一部。プラス、トリミングに合わせて微妙に改変。全体像は娘の妄想部屋の暴走小娘さんへ。リクエスト頂いてから半年も置いて送りつけてしまいました。orz ホントスミマセン。ちなみにこの下はやては何も着てないです。フェイトさん視点だと色んなものが見えてます。


今までなのははずっとなのフェイなのでやってきた身なのでフェはやSSを読み漁ったりしながら勉強してみたりして描きました。
といいますか、閉鎖とか、嘘だと信じたいです。orz
嘘だよ!って某鉈がよく似あう人のように言ってはくれないものかと涙目です。





夏コミお疲れ様でした!一週間以上経ちましたが気にしない。
 今回はコピ本を出しているわけでも、スケブ受付をしているわけでもなかったので事前にお知らせはしなかったのですけれど。前回同様pure heartさんにてお手伝いさせていただきました。
同人誌について右も左もわからない身なので色々とお教えして頂いているお礼に、と。
ということでぽちぽちオフレポなど。久しぶりに長い長いオフレポ書いてみるテスト。
殆どお会いした方のお名前やら出来事を忘れないようにするための自分用日記ですが。
ちなみに前半戦といいますか、会場内のみです。
打ち上げの様子は、私が刺されそうな気がしないでもない上、あまり時間もないので上げられないかもしれません。



薄暗い部屋に生息し直射日光に当たると溶ける引きこもりなので、雨との予報でしたが念のためと黒い帽子を被っていきました。



予定としては、金曜日の一日目までは実家で過ごし二日目はマリみて同人を買いに関東へ帰ってくるつもりでいたのですが水曜日に金曜に入れていた日勤のシフトが夕方へ変更されあわてて金曜の夕方に取っていたチケット予約をキャンセルし土曜に余っている席がないかと聞いてみたものの時期が時期のせいかキャンセル待ちの状態で。
仕事を終えた翌日、土曜に当日キャンセルが出たそうなので滑り込ませ二日目は参戦できなかったものの三日目にはなんとか間に合いました。
そういえば、高速バスが一番安かったのでそれをつかっていたのですが手暗がりで固い感触は手探りで見つけたもののシートベルトの差込口がわからず四苦八苦していたら隣に座ってらした小母様が「差せないの?」といって私の方に身を乗り出し変わりに差し込んでくださいました。
隣に座られたときに会釈されたので曖昧に笑いながらそれを返しただけの間柄だったにも拘らず。びっくりです。というか私はなんか、世話が焼ける中高生くらいに見られてる気がします。丁度、小母様の娘さんかお孫さんと同い年くらいだったのかもしれません。
いや、ついこの前までそうだったような気もするので否定できないのですが。あ、いえ。制服とか着てたのは4、5年くらい前だったような気もしないでもないのですが。あ、あれ。
そんな感じでipodにいれていた「いたずら黒うさぎ」を放送時期もばらばらに大体60回分くらいをランダムに流し心地よい声にうとうとしながら着いたバスターミナル。最終的に終電に乗って帰宅したのが雨も上がった一時を回ったあたりで。
途中、二日目の帰りでkitさんと八系さまと三日目前にと少しお話した際にお願いしていたサウンドステージXを受け取っていたのですが、それを流しながら着替えを棚に詰めたりとしていたら4時を回ってしまい。これは、まずい、と。当面の着替えのみで残りは後日郵送してもらうことになっていたのですぐに終わると思っていたのですが。それにしてもサウンドステージX、結構面白かったですね。なのはやフェイトが出てこないということもあって今までのなのはシリーズとはまた違った感じで。
暑い中買ってきて下さったkitさんには感謝ですね。傷ひとつないパッケージを見ながら汗が大量に染み込んでますとのお言葉と小耳に挟んだ企業なのはの惨状を思い出し苦笑いですけれど。


そして三日目は、一時間の睡眠から無理矢理身を起こして6時少し前に家を出まして会場へ。
ipodで最近水樹奈々さんの影響で聞き始めた石川さゆりさんや坂本冬美さんを聴きながら。こぶしの何たるかを学ぼうかなと。
新宿で乗り場へ向かいながら徐々に周囲に増えるがらがらとカートを引く人や大きなリュックを背負った人を見ては何というかこれから祭りなのだなぁと実感します。
でも某ふぉちゅんあてりあるの某ヒロインの描かれた自作であろうTシャツを公共の場で・・・と少し苦笑い。
そんな感じで電車に揺られ会場に予定の20分遅れで到着。待ち合わせをしていたkitさんとyukidenさんに平謝りし受け取った初めて見るサークルチケットを感慨深く思いながら会場入り。(訂正いたしました。大変失礼いたしました。)
準備を済ませた後知り合いサークルさんにご挨拶に行きました。
取り敢えず前回サンクリでRAID SLASHの八尋様に借りたままでいたお金の返却と新刊の購入に行き、ぐるりと新刊片手に挨拶回り。
今回梶川様とましろさんがご一緒ではないことにも驚きましたけれど、一番驚いたのは相原様がいらっしゃったこと。(失礼
いつもお忙しい方なのでリリマジなどの時のように今日も遅れていらっしゃるかな、と思っていたのですでびっくり。サムライロックのはちやさんとご一緒にいらっしゃいました。
といいますか、これは、すごい。しかもちゃんと本もご用意なさっていて。だってほら、3%からの大活劇でしょう?
無理していらっしゃるのではないかと正直心配してしまうのですが。相変わらずはちやさんは美人で相原様は格好よくてお二人とも素敵です。取り敢えずスペースの方で忙しくなるので飲み物を買うなら今のうちに、といわれすぐそこで1本買おうとして思い直し、4本買ったペットボトルのうち2本を八系さまに頼んでお二人に届けていただきました。そのときはスペースの準備で離れられそうになかったのでお頼みしたのですがぶっちゃけ迷惑がられたらどうしようかと思って直接お渡し行く勇気もありませんでしたよはい。
その後先日うちにお泊りにいらっしゃっていたタダさんに「差し入れするので」というお話をしていたので残り2本を持ってタダさんがいらっしゃるスペースへ。席をはずされていたユウさんの分もともう1本お渡ししてスペースにもどったら自分の分がないことに気づき慌ててもう一度買いに走りました。スタッフさんに「走らないでください!」と怒られました。すみません。orz
それから何も食べてないとお話した際にkitさんにおまんじゅうを頂きました。
さすがにこの日は何か食べておかないと、という恐怖感もありましたし、折角のお気遣いを無駄にしてはいけない、と口に入れてみました。
甘い、甘い。
少し拒否反応を起こしながらも何とか口に運び。餡子は基本的に好きなのですが、お饅頭はお煎茶や抹茶などと一緒に頂くのが一番だと思います。大好きな漬物と一緒に。素晴らしい組み合わせだとは思いませんか、先人は偉大です。いつも茶菓子本体よりも漬物の方ばかりつついてしまうのですけれどね。それでも休み休み何とか食べ終え、暫くすると少しは動けるような気がしました。
食べることは偉大です。ありがとうございました。
開場してからしばらくは人も疎らだったのですがピークは中々大変で。
引きこもりな私は毎度のごとくテンションを上げて応じていたのですが。
(今回は女性比率が高く嬉しかったですね。思わず「女の子来ましたぁ!」などと快哉を叫び、皆様に苦笑される始末でしたが。いや、すみませんでした。orz)
その日は飲み物しか口に入れていなかった所為もありどうにも色々と胃が痛くなってきたので。客足が引いたころに少し抜けさせていただき喫煙所に行ったのですが、人が詰め込まれた東館の喫煙所では中々気も休まらず。でもきっちりニコチン補給。結局会場内にいるときはこの一本しか吸えませんでしたし。
スペースには午前に星藍さん、隅田さんがいらっしゃり楽しくお話などしていました。
抹茶さんや、sirosumiさんや何度スペースに行ってもお会いできなかったえーまさんなど沢山の方にご訪問頂き、机を挟んで少しお話したりしていました。先日まで実家の仕事部屋に缶詰状態で久しぶりに沢山の人をみたもので、いつもながら微妙に記憶が飛んでいるのですが。
そういえば、いらっしゃる海外の方というと韓国や台湾の方が多かったのですけれど初めて白人の女性の方がいらっしゃり、びくびくしていたら少し片言ながらちゃんとした日本語をお話しになられて本をご購入されていきました。なのは人気凄い。
途中kitさんがお買い物に行かれてその間お留守番をしていたのですが、お戻りになるたびに抱えている大量の同人誌に唖然としつつ丁度いらしてた星藍さんにお隣を頼んだり。
今回スペースで一番印象的だったのが、小柄な女性がいらっしゃったのですが新刊の表紙絵をみて一目ぼれしましたと仰って頂けたことですね。ネットで絵を公開している身ですからこう、面と向かって言って頂けると拍手などの文面ではわからないものまで伝わってくるようで。
そう言って頂けることが殆どなかったので思わず目の前の状況に一瞬ついてゆけず隣にいらしたkitさんに「フラグが立ちました」とずれたことを言ってしまいました。
今回一番の収穫ですね。でも少し頭冷やされてから「しまった、ドン引きさせてしまった」と後悔。「しまった」とか「やってもうた」とか「失敗した」が口癖な引きこもり乙。
 周囲が閑散とし、片づけをはじめるサークルさんもちらほらと見受けられる頃。
なにやら賑やかに面識のない方たちがいらっしゃり星藍さんとお話されていました。
確かkitさん曰く、今回私が体力やらなんやらの関係で参加できなかったあちらの打ち上げの集合場所にこちらを指定していたそうで。ぼんやり遠巻きに眺めつつ。
こちらを向きながら「紹介してください」とのことを星藍さんに仰っていたので、いや紹介といってもうちのサイトご存じないと思われるので余り意味ないんじゃないかなと思いつつ一応星藍さんにご紹介頂きながら念のためと作って首から下げていた「遊閑地 こずみっく」とそっけなく書いた名札を示します。するとなんだか驚かれてしまいつい恐縮。
こんな辺境サイトのお名前を知っていただけただけでも喜ばしい限りですね。
余りお話できなかったので申し訳ないことにどなたがどなたか微妙に曖昧になってしまっているのですけれど(申し訳ありません。orz)なにやら色々と見せていただいた戦利品の中にサンクリでお世話になった汐薙さんのSS本がありまして。ハチさんの表紙も大変素敵で惹かれるものがあったのですが少しぱらぱらとめくってみてこれはいいと長年鍛えた嗅覚が確信し。こずみっく的にかなりヒットしたのでこれは買いに行かねばと思ったものの、スペースを離れられなかったので変わりに行ってきますか?という(多分)炎樹さんのお言葉に甘え新刊(+下敷き)と二千円をお渡ししようとして千円を返され行ってきて頂く。ハチさんと少しお話しながら立ちっぱなしで痛む足を休めつつぼんやりとスペースにいたら、目の前に見知った方がいらっしゃって驚きました。お声をかけたら「なんでいるの」といわれてしまいましたけれど。
マリみてSS界の志摩乃梨推進委員会所属のRooster様でした。
お久しぶりです、といいつつ、つい二週間前に会ったばかりでした。
東和様が西の方へいらっしゃってる間、すぐそばのアイマスの周辺を回ったついでにこちらに寄られたそうで。なのは島で面識ある人といえばコガ様、もとい八系様くらいなものだと思っていたそうなので大層驚かれました。むしろこちらもいきなりいらっしゃったので驚きなのですが。
二日目にいつもの飲み会の面子の皆様が集まっていらしたそうで、ご一緒したかったなぁと少し悔やみました。
少し話し込んでしまってから、そろそろお手伝いに戻らないとなぁとRooster様と別れを告げてスペースへ。
すると暫くして炎樹さんが帰ってこられたのですが態々汐薙さんにまで来ていただいてしまったようで。こんなことなら、一言断ってちゃんと自分で訪ねれば良かったなと申し訳なく。orz
後日Das Resultat sagt allesを読ませていただきましたが、すごく楽しませていただきました。
挿絵とか描いてみたくなる文章ですよね。惚れ惚れしました。
スポンサーサイト



夏の戦場。 | 拍手レス。 | com(1)|



comment

by ()
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2008.08.27 09:53 (edit)


comment form

 管理者にだけ公開する




/
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。